男女の画像

男性と女性のAGAの違い

AGAは主に男性がかかるものですが、女性でも無関係とは言い切れません。女性の場合は、女性ホルモンが減少することによってAGAの症状が現れます。
それぞれAGAには男性と女性では違いがあります。まず、根本的原因である、男性ホルモンの変化により、それが発毛細胞に影響を及ぼすことにより、薄毛が発生し、女性の体内でも男性ホルモンが作り出されているため、それによって薄毛となります。
しかし、その影響を強く受けるようになってしまったプロセスに違いがあります。男性の場合は、年齢とともに還元酵素が活発になって、薄毛の原因となるホルモンを増やすことが原因で進行しますが、女性の場合は、女性ホルモンが髪に与える影響が強く薄毛の原因となるホルモンの効果を強く受けることはありませんが、女性ホルモンの分泌が減少することにより、ホルモンの影響受けやすくなりAGAが発症します。
また、女性と男性では、症状の現れ方にも違いがあります。男性がAGAを発症した場合、頭頂部や生え際が薄くなります。この症状は、AGAの原因となるホルモンが頭頂部と生え際に作用する働きがあるためです。男性の場合は、常に体内で男性ホルモンが発生し続けるため、放置すると薄毛が進行していってしまいます。女性の場合には、男性のように特徴的な薄毛の症状は現れず、女性の場合は、頭部全体に広がり、男性と比べたら原因を特定するのが難しいです。
女性の場合は、女性ホルモンの減少が原因となっておりますが、分泌がまったくないわけではないため、男性のようにいつまでも症状は進行しません。
解決の方法は、男性の場合には、AGAの原因となるホルモンを作り出す還元酵素の働きを抑えるという療法が取られ、女性の場合は、減少した女性ホルモンをホルモン薬によって補うことや、女性ホルモンと同じ働きをする大豆食品を生活に取り入れることによっても解決する場合があります。